育毛シャンプーの選び方のこつ

育毛シャンプーの選び方のこつ

 

脱毛症状を抑えるために有効利用されているものに育毛シャンプーがあります。

 

頭皮の状態をよくするために使われるものですが、使用上の注意点があります。

 

育毛タイプのシャンプーとはいえ、すすぎ残しは髪・地肌のためによくありません。

 

シャンプー成分が頭皮に残ってしまうと、肌への刺激物となりトラブルの原因にもなりかねません。

 

洗う時間以上にすすぎに時間をかける必要があります。

 

丁寧にすすぎをすることで、汚れや老廃物も洗い落とされやすくなります。

 

育毛シャンプーは選び方にもこつがあります。

 

アミノ酸系のシャンプーは成分が人間の体のものと近いこともあり、髪の健康のことを考えたときにおすすめです。

 

弱酸性・天然成分配合など、人工的で体を構成するものとかけ離れたものを使わないようにすると育毛には効果的です。

 

市販されているシャンプーに多く見られる石油系の商品は、使わないほうがいいでしょう。

 

石油系のシャンプーは泡立ちがよく洗浄力に優れている反面、地肌への刺激があるので抜け毛が気になる時には使用を避けたほうが賢明だと言えます。

 

育毛シャンプーを選ぶときには、自分の肌質は髪の毛の状態を考慮しながら、刺激が極力少ないものを選ぶことが大事なことです。

 

 

 

生え際の産毛と「毛周期」の関係

 

人間の毛が生まれ変わるサイクル、それが「毛周期」です。

 

生活環境の乱れやストレス、ホルモンの分泌異常などが原因となって、この毛周期が乱れることがあります。

 

それまではハリコシのあるしっかりとした髪の毛が生えていたのに、次の生え変わりで弱い産毛が生えてくる。

 

これも毛周期が乱れてしまっている証なのです。

 

この毛周期を正常に戻すためには、食生活の見直しや運動不足・睡眠不足の改善などを行い頭皮環境を整えることがひとつ。

 

もうひとつは育毛剤などで頭皮に働きかけて、育毛促進に努めることが大切になります。

 

産毛が生えてくるということは、まだ毛根は死んだわけではないということ。

 

あきらめるずに対策していけば、強くて健康な髪の毛を取り戻すことができる、ということなのです。

 

薄毛対策の手段として病院や育毛クリニックに通う、という方法があります。

 

ただし、非常に高額になりますから経済的な負担は育毛剤の比ではありません。

 

育毛剤であれば負担も少なく、自宅で誰にも気づかれることなく育毛ケアができるというのが魅力になります。