抜け毛対策に睡眠は必要、タバコは不必要なもの

抜け毛対策に睡眠は必要、タバコは不必要なもの

 

髪は寝ている間に成長する

髪の毛は夜、寝ている間に成長するものです。

 

髪の毛の毛根にある毛母細胞の分裂は、午後9時頃にピークになります。

 

そこから髪の毛の成長が始まり、午後10時から午前2時の間頃に最も成長するのです。

 

睡眠のゴールデンタイムと同じく、髪の発育にもゴールデンタイムがあるということになります。

 

そのため毎日の睡眠時間が不規則になったり、睡眠不足になったりすると、直接的に髪の成長を阻害することにもなります。

 

そのことが薄毛や脱毛の原因になることもあるのです。

 

体と髪の健康のためには最低6時間の睡眠が必要だとされています。

 

また睡眠時間の長さだけでなく、眠りの質も同じく重要です。

 

抜け毛を止めたいと考えるなら、十分で質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

 

イクオス 効果口コミ※実際に3ヶ月以上使ってみた

 

 

タバコが髪に与える悪影響

タバコのニコチンには強い依存性があり、禁煙は楽ではないかもしれませんが、髪の健康のためにはタバコは害悪でしかありません。

 

タバコのニコチンは末梢の血管を収縮させる働きがあります。

 

髪の毛を育てる栄養分は血液に乗って頭皮に送り届けられます。

 

喫煙によって血流が滞ってしまえば、栄養分が十分に行き渡りにくくなって、髪の毛の成長に悪い影響を与えかねません。

 

すぐにはタバコをやめられなくても、少しづつ本数を減らしていくなどの努力が大切です。

 

近年は禁煙外来を設置している病院も増えてきました。

 

そういったものも利用しながら、体のため、髪の抜け毛を止めるために禁煙を目指していきましょう。