ヘアケアについての備忘録

抜け毛・薄毛の対策には身体の内面からの対策も必要

 

抜け毛・薄毛対策にと、発毛シャンプーを使ったり、育毛剤を使っている方も多いと思いますが、それら髪に纏わる対策には実は体の内面からの考えることが先決かもしれません。身体の健康維持の為には、皆さん食生活を見直したりされていると思いますが、その延長線が髪の毛に栄養を行き届かせることを意識する必要があります。

 

髪の毛・育毛に欠かせない3大栄養素としては、タンパク質・ビタミン群・亜鉛(ミネラル)があげられます。

 

髪の毛・育毛に欠かせない3大栄養素の中で、最も重要と言えるのがたんぱく質です。髪の99%が、実はタンパク質から作られているのです。髪の毛以外にも人の身体の多くが、タンパク質を栄養素として作られています。心臓などの臓器を始め、血管・血液・筋肉など人が生きていく上で必要な、あらゆるものを構成しているのがタンパク質で、髪の毛の優先順位としては最後の方かもしれません。特に筋トレ中だったり、激しい運動をしている方にとっては、身体の修復の為にタンパク質が使われる割合が多くなりがちです。髪を育てるタンパク質を確実に髪へ行き渡らせる為には、より多くの良質なタンパク質の摂取を意識する必要があるのです。

 

更に、食事などから得られるタンパク質をより効果的に身体へ吸収する為には、ビタミン群や亜鉛(ミネラル)が必要となります。髪を育てる3大栄養素の主たるものがタンパク質であり、その吸収を高めて効果的に髪へ行き渡らせる働きが期待されるのが、ビタミン群や亜鉛(ミネラル)だったりするのです。髪を育てることに必要なタンパク質の吸収を高めてくれるのがビタミン群ではありますが、新陳代謝を促し、身体の調子を整えてくれたり、肌の乾燥を防いでくれるなど、健康維持にも必要不可欠な栄養素です。偏食や不規則な食事が多かったり、ストレスが多い生活などではビタミン群は不足しがちです。野菜や果物など、意識的に食事から摂り入れる意識が必要でしょう。タンパク質とビタミン群を意識的に摂ることで髪の毛を育てる下地は出来てくるのですが、更に加えたい栄養素が亜鉛(ミネラル)でしょう。亜鉛(ミネラル)は、タンパク質を髪を育てる形に変化させる重要な栄養素なのです。

 

 

 

成人男性に於いて、1日に必要な亜鉛の摂取量は12〜15rと言われています。ということは、それ以上の亜鉛を摂取しなければ十分に髪の毛へ行き渡らせることが難しいということになります。成人男性が1日に必要な亜鉛の摂取量である12rを食事から摂ろうとすると、生牡蠣で5〜6個、数の子で6〜7本、豚のレバーで200g、牛のもも肉で300gと結構な量を摂らなくてはなりません。実は、日常の食生活の中で不足しがちなのが亜鉛なのかもしれません。

 

育毛剤を使ってもその効果を実感することが少ないと感じている方こそ、食事などから摂る栄養素を意識した方が良いと思います。食事ですから、好き嫌いも当然あると思います。苦手な食品群や、食事では摂りきれないと思える部分はサプリなどを使って補うのも1つの手だと思います。

 

抜け毛・薄毛の対策には、発毛シャンプーや育毛剤など身体の外からの対策と同時に、食生活の見直しなど身体の内面からの対策も意識することが必要だと考えます。