ヘアケアについての備忘録

トリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めは髪に優しい

男性も女性も、40代を迎えた頃から徐々に白髪が気になるようになってくるのではないでしょうか。30代の頃はまだ、「チラホラ」だったものが、40代も半ばになると部分的に白髪が多く目立ってくるようになり、それをケアするか否かで、自身のイメージが大きく異なってくることに気づかれると思います。

 

白髪が目立つようになってくると、年齢よりも老けて見られることにも繋がります。清潔感を大切にするビジネスシーンなどでは、外見から評価を下げてしまうこともに繋がりかねません。

 

現在白髪染めを利用している方の中では、まだまだ昔からある2液混合の白髪染めを利用しているのが多いのが実情だとは思います。でも、これまで利用してきた2液混合の白髪染めに、色々悩みがありませんでしたでしょうか。お風呂場で利用した時のあのツンッとした臭いや、手や髪の生え際・耳などに液が付いてしまった時に黒くなってしまうといったこと。成分も強いものが多く、染めた後に髪が痛んでキシキシしてしまうようなケースも少なくないようです。

 

それに代わって、最近ネット通販を始め、最近ではドラッグストアでも多く扱われるようになり人気が高まっているのが、「シャンプータイプ」や「トリートメントタイプ」の白髪染めです。素手で扱えるのが特徴の1つで、もちろん余計な部分についても黒くなるような心配はありません。なんだか嬉しくないですか?、あんなに気を使って染めていた白髪染めが、素手で普通に扱えるということに。

 

 

トリートメントタイプは、一定の時間放置することで、2液混合タイプの様にしっかりと染め上げてくれます。成分も自然素材の物が多く髪に優しく、トリートメントしながら白髪も染められるというイメージです。また、シャンプータイプは、毎日のシャンプーで使うことで徐々に染まっていき、逆に使用を止めると徐々に白髪に戻っていくというもの。一気に染めて「如何にも白髪染めしました〜」というのが気恥ずかしい方にはおススメの白髪染めだと思います。髪に馴染ませてからの放置時間などもないので、日常のシャンプーで継続的な白髪ケアが出来るのが良い点だと思います。

 

2液混合タイプの白髪染めの悩みから、白髪ケアから離れてしまった方にこそ、もう一度トリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めを、若々しさを取り戻すきっかけにしては如何でしょうか。